【1月25日 AFP】英歌手エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse、24)が24日、薬物のリハビリ施設に入所した。ワインハウスが所属するレコード会社ユニバーサルミュージック(Universal Music)が同日、声明で明らかにした。

 同社は声明の中で「ワインハウスはレコード会社、マネージメント会社、家族、医者と相談した上で、本日入所した」と語り、26日に出席する予定だったフランスのNRJミュージック・アワード2007(2007 NRJ Music Award)の授賞式は欠席することも明かした。

「薬物依存から立ち直りグラミー賞授賞式へ出席するためには、専門家の治療が必要なことを理解し、納得した上で入所した。今後も周囲は支援を続ける」

 ワインハウスはグラミー賞に6部門でノミネートされており、2月10日にロサンゼルス(Los Angeles)で行われる授賞式でパフォーマンスを行う予定。

 ワインハウスのアルコールや薬物への依存に関しては、ファンからもその健康を心配する声が上がっていた。18日には、夫であるブレイク・フィールダー・シビル(Blake Fielder-Civil)被告の審理に出廷する数時間前にコカインを吸引している姿を撮影されている。2月29日には、ノルウェー・ベルゲン(Bergen)でマリファナの所持と使用の罪で出廷する予定だ。(c)AFP