トップ > 環境・科学 > 環境

北極の氷の溶解進む、2年でフランス国土の2倍の面積が失われたと仏研究チーム

2008年1月25日 16:54 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

北極の氷の溶解進む、2年でフランス国土の2倍の面積が失われたと仏研究チーム
1/2
2008年1月24日、ノルウェーのスバルバル諸島・スピッツベルゲン(Spitzberg)島の町ロングイェールビーン(Longyearbyen)に到着した欧州の北極調査機関「ダモクレス(DAMOCLES)」の調査船「Tara」と乗組員ら。507日間、2600キロの調査の旅を終えて帰還した。(c)AFP/FRANCIS LATREILLE
【1月25日 AFP】パリ(Paris)に本部を置く仏国立科学研究センター(National Centre for Scientific ResearchCNRS)は23日、地球温暖化によって北極海で氷の溶解が進み、2年間でフランス国土の2倍に相当する海氷面積が減少したとの調査結果を発表した。

 調査を行ったのは、北極海全域での気候変動の影響を調べている欧州の調査機関「ダモクレス(DAMOCLES)」。発表によると、2007年9月に観測された海氷面積は413万平方キロメートルで、2005年の530万平方キロメートルからわずか2年間で急減した。

 ダモクレスのコーディネーターでNCSR研究主任のジャンクロード・ギャスカール(Jean-Claude Gascard)氏は、「2007年夏には予測していなかった大幅な減少を記録した。減少のペースは、予測の2 - 3倍だ」と警告。氷冠の解ける速度も加速していると指摘した。

 その上で2008年について、「夏にはさらに溶解が進み、110万平方キロメートルが失われる恐れがある」と述べ、「あらゆるレベルにおいて危機的な年になる」と警鐘を鳴らした。(c)AFP/Guy Clavel
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>