【12月12日 AFP】スペインの消費者団体Facuaは11日、アイルランドの格安航空会社ライアン航空(Ryanair)がビキニ姿の女性客室乗務員のカレンダーを販売したとして、関係政府機関に対し正式に苦情を申し立てた。

 ライアン航空が「2008年激熱カレンダー」と名付けたカレンダーは、11月17日から慈善目的として機内とインターネット上で販売されている。カレンダーには、ビキニ姿の女性客室乗務員がコックピットや滑走路でさまざまなポーズをとった写真が印刷されている。

 同社のウェブサイトには「ライアン航空のゴージャスな乗務員で機内の温度は急上昇」などといった同社幹部の言葉が掲載されている。

 Facuaは、このカレンダーが1988年に制定された人を侮辱するような広告を禁止する法律に違反しているとして、女性問題を扱うスペイン労働省の下部機関や消費者問題を扱う政府機関に対し正式に苦情を申し立てた。

 Facuaは、このカレンダーについて、「仕事をもつ女性全体、特に客室乗務員に対する侮辱だ。このカレンダーに載っている客室乗務員はステレオタイプで、われわれの数十年にわたる活動を否定するものだ」としている。(c)AFP

参考:ライアン航空のカレンダー販売サイト