【11月19日 AFP】現在世界ランキング1位のロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)と元世界ランキンク1位のピート・サンプラス(Pete Sampras、米国)氏が対戦するエキシビジョンマッチ開催を翌20日に控え、試合が行われるソウルで会見が行われた。

 このエキシビジョン・マッチは、20日にソウルで第1戦、22日にマレーシアのクアランプールで第2戦、そして24日にマカオで第3戦が行われる予定となっている。

 ハードなトレーニングを通してかつてのスタイルを取り戻しつつあり、シニア・ツアーでは3戦無敗の成績を誇るサンプラス氏は会見で「私はとても大きなチャレンジをしようとしている。トレーニングは徐々にステップアップしているが、おそらくかつての動きを取り戻すことは出来ないだろう。だが私はまだまだ自分が戦えると信じているよ。確実に手一杯になるだろうけどね」とコメントした。

 一方でフェデラーはサンプラス氏について「これは大変に名誉な事だと思うし簡単な試合ではないと考えている。僕は彼とロサンゼルスで一緒に練習したことがあるから知っているけど、彼は本当に凄いプレーをするんだ。必殺のフォアハンド、脅威的なスライスとサーブ、そしてファンタスティックな動きとボレーを彼はまだ持っていたよ。皆は彼が今でもこれほどまでに戦えるのかと驚くと思うよ」と語った。

(c)AFP