中国、米検索エンジンをハイジャックか

2007年10月19日 07:59 発信地:ワシントンD.C/米国

このニュースをシェア

中国、米検索エンジンをハイジャックか ▲ キャプション表示
×上海(Shanghai)の駅に掲示された中国ネット検索大手「百度(Baidu)」の広告(2006年6月26日撮影)。(c)AFP/Mark RALSTON
写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【10月19日 AFP】中国ではグーグル(Google)やヤフー(Yahoo)、MSNなどの米系検索サイトが不正操作され、ユーザーのアクセス先が中国ネット検索大手、百度(Baidu)へと自動的転送されている可能性があると専門家らが17日、指摘した。

 インターネット検索サービス関連サイト「Search Engine Roundtable」が17日に掲載した専門家らの分析によると、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世への勲章授与に対する報復の可能性もあるという。

「中国は米国に対する『仕返し』として、グーグルやヤフー、MSNからの検索トラフィックをほぼすべて百度に転送している」と専門家らは分析する。

 転送の方法や理由については不明だが、中国政府の厳しいインターネット規制は一般的に知られている。(c)AFP

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    BPNPR


    BPNディレクトリは2014年8月31日を持ちましてサービスを終了いたします。長らくのご愛顧ありがとうございました。

    カテゴリ登録はこちらより

    おすすめコンテンツ