世界の10大汚染地域、上位に中国・インド・旧ソ連

2007年09月17日 23:22 発信地:ニューヨーク/米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

北京(Beijing)の東100キロにある河北(Hebei)省于田(Yutian)で、工場からのばい煙が立ち込める通りを自転車で移動する市民(2006年7月18日撮影)。(c)AFP/Peter PARKS

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含 ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
  • 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
  • 米グーグル、ソーラー無人機メーカーを買収
  • 温暖化防止目標実現には、エネルギー改革が必須 IPCC
  • 米海軍、海水を燃料にする技術を開発
  • 火星、過去の温暖湿潤期は一時的か 米研究
  • パリの動物園、240億円かけ大改修 「人類と動物の共生」に重点
  • ノルウェーで電気自動車ブーム、月間販売台数が過去最高を記録
  • 中国で今度は「有毒水道水」、ペットボトル水に市民殺到 報道
  • セキュリティーバグ「ハートブリード」、広がる波紋と対策
  • グーグル・グラス、15日に米国で限定販売
  • キリストの「妻」記した紙片は古代のもの、年代測定で判明 米研究
【9月17日 AFP】米国の独立環境団体が12日に発表した、世界で最も汚染が深刻な地域のトップ10で、今年はインド、中国、旧ソビエト連邦の工業地区が上位を占めた。

「世界で最も汚染された地域」トップ10リストは、ニューヨーク(New York)の「ブラックスミス研究所(Blacksmith Institute)」がスイスの国際NGO「グリーンクロスインターナショナル(Green Cross International)」の協力で発表したもので、中国東部の工業生産拠点、Tianyingとインドの工業都市Vapiが、今年新たに加わった。

 こうした汚染地域では、数百万人が有毒物質の脅威にさらされている。

 汚染の原因として同研究所は「採鉱、冷戦時代が遺した汚染、無秩序な工業生産が汚染の背景にある」と声明の中で述べている。

 インドのVapiは工業団地の密集する地域の典型で、土壌や地下水から殺虫剤各種や、発がん化学物質のポリ塩化ビフェニル(PCB)各種、クロム、水銀、鉛、カドミウムなど50種類を超える有毒物質が検出された。

 順位付けは、汚染の規模のほか、健康被害を受ける危険のある住民の人数を基準としている。

 ブラックスミス研究所のリチャード・フラー(Richard Fuller)所長は、「こうした汚染地域では、子どもたちが病気になったり、死に瀕している。汚染地域の回復は難しいことではない」と声明で述べた。

 調査報告書によると、2006年からトップ10に加わった旧ソ連時代の工業の中心地、アゼルバイジャンのSumgayitでは、工業化学薬品や重金属による汚染が続いている。

 そのほかトップ10には、中国北部、山西(Shanxi)省の臨汾(Linfen)のほか、インドのSukinda、ロシアのゼルジンスク(Dzerzhinsk)とノリルスク(Norilsk)、ペルーのラオロヤ(La Oroya)、ザンビアのカブウェ(Kabwe)、そして1986年の原発事故で放射能汚染されたウクライナのチェルノブイリ(Chernobyl)が引き続き入っている。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2284648

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより