トップ > ニュース > 政治

トルコ議会、新議員が就任の宣誓

2007年8月5日 12:11 発信地:アンカラ/トルコ

このニュースをシェア

トルコ議会、新議員が就任の宣誓
1/8
2007年8月4日、アンカラ(Ankara)で、選挙後初召集された議会で演説をするレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)首相。(c)AFP/Adem Altam
【8月5日 AFP】先月の総選挙で選ばれたトルコ議会の新議員が4日、就任宣誓式に臨んだ。

 大統領選びを発端とする4月の政治的混乱を理由に7月22日、前倒しで実施された総選挙では、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)首相率いる与党・公正発展党(Justice and Development PartyAKP)が圧勝した。

 親イスラムの与党と世俗派の野党勢力との間では現在、一応和解ムードが生まれつつあるが、今月予定されている次期大統領選びは、再度、政治的混乱をもたらす可能性もある。

 1991年の議員の宣誓式では、クルド人のレイラ・ザナ(Leyla Zana)議員が、公用の場で使用が禁じられていたクルド語で宣誓を行い混乱を引き起こしたため、1990年代以降久しぶりに議席を獲得したクルド民族主義政党の民主社会党(DTP)議員に注目が集まったが、同党21人の議員の宣誓は波乱なく終わった。

 550人の新議員は、議長を務める野党の最年長議員にアルファベット順に1人ずつ呼び出され、「トルコ共和国とその民主主義に忠誠を尽くし、感情に流されることなく、融和と対話の精神を尊重し、政治家としての誠意と適切な判断で行動する」と宣誓を行った。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>