【7月11日 AFP】スペイン・リーガエスパニョーラ1部のレアル・マドリード(Real Madrid)は、ポルトガル・スーペルリーガのFCポルト(FC Porto)に所属するブラジル人DFペペ(Pepe)を獲得したことを発表した。契約は5年間で移籍金は3000万ユーロ(約50億円)。

 ベルント・シュスター(Bernd Schuster)新監督を招聘したレアル・マドリードは、既にクリストフ・メツェルダー(Christoph Metzelder)を獲得しディフェンスラインの強化を図っており、今回獲得したぺぺに続き、イタリア・セリエAのASローマ(AS Roma)に所属するクリスティアン・キヴ(Cristian Chivu)獲得を目指している。しかしながらスペインメディアは、キブの移籍金は高額でありキブ自身はインテル(Inter Milan)に行きたがっていると報じている。

 レアル・マドリードはペペを「世界最高のセンターバックの一人であり。誰にもひけをとらない」と考えている。ペペは2004年からポルトに所属し、国内カップ戦と2度のリーグ優勝に貢献している。(c)AFP