【6月28日 AFP】テニス、ウインブルドン選手権2007(The Championships Wimbledon 2007)、男子シングルス2回戦。大会第3シードのアンディ・ロディック(Andy Roddick、米国)は、タイのダナイ・ウドムチョク(Danai Udomchoke)と対戦。ロディックはセットカウント3-0(6-3、6-4、7-6)のストレートでウドムチョクを破り、3回戦進出を決めた。

 全英でこれまでに2度の準優勝を経験しているロディックは、昨年に行われた第15回・アジア競技大会(The 15th Asian Games)で優勝を飾っているウドムチョクをストレートで破り、全仏オープン・テニス2007(French Open 2007)・男子シングルスに出場した選手が全員1回戦敗退を喫した米国勢の苦痛を和らげた。

 試合後にロディックは「我々には絶えずトップへ押し上がる選手たちがいる。昨年のジェームス・ブレーク(James Blake)は良いシーズンを過ごしていたし、女子でもセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams)とヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams)が復活するなど良いこともある」と語り、米国勢に対する危機感が囁かれていたことに対して反論した。

 ロディックは3回戦でスペインのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco、スペイン)と対戦する。

(c)AFP/Dave James