トップ > ライフ > 文化・芸術

世界に広がるオタク文化

2007年6月20日 15:32 発信地:東京

このニュースをシェア

世界に広がるオタク文化
1/6
2007年5月20日、東京でのサブカルチャーツアーの最中、メイド服のウェイトレスと並ぶフランス人のCharles Mortreuilさん(20)。(c)AFP/Yoshikazu Tsuno
【6月19日 AFP】東京の人ごみの間をぬいながら、アニメのDVDやマンガがひしめく店で熱心にカメラのシャッターを切る男性がいる。長年待ちわびた巡礼の旅に来ている、Charles Mortreuilさん(20)だ。

 アニメとマンガで育ったこのフランス人は、日本のサブカルチャーを熟知している。既に持っているDVDのコレクションを増やそうと、入念に商品を選ぶ。

 「ずっと日本はどんなところだろうと夢に描いていたんだ。見たり読んだりするだけでなく、自分の目で見たかった。数えられないぐらいのストーリーの発案や、デザインの素晴らしさ。日本人の想像力には目を見張るものがあるよ」と、フランスの玩具会社に勤めるMortreuilさんは語った。

 彼のような巡礼者は、特に珍しい存在ではない。年々多くの外国人が、日本のサブカルチャーに引き寄せられて東京にやってくる。世界中からツアーを組んでやってくる旅行者は、Montreuilのような西洋人から、日本のアニメとマンガを見て育ったアジア人の若者までさまざまだ。

 彼ら趣味人が集まるのはオタクの街、秋葉原だ。電子機器からゲームの登場人物に扮したウェイトレスがいるカフェまで何でもありだ。
 
 トリウミさんは、ヨーロッパのオタク向けに秋葉原のツアーを手配して4年になる。パリで、マンガとアニメのイベントに出席したのがきっかけだという。

 「皆とても熱狂的なのに驚きました。マンガやアニメが将来大きなビジネスになるのを確信しました。日本人が、これがどれだけすごいことなのかわかっているといいんですが」

 少なくとも日本政府は、アジア各国での第2次世界大戦後の悪いイメージを払拭するために、サブカルチャーを利用したがっているようだ。(c)AFP/Kanako Nakanishi

関連記事
  • ミウッチャ・プラダ、日本のCGアニメ映画『エクスマキナ』の衣装をデザイン
  • メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

    こんな記事も読まれています

    あわせて読みたい

    話題の記事

    ライフスタイル 新着一覧へ>

    トップストーリー

    ピックアップ

    人気記事>