トップ > ライフ > ヘルス

身長10インチ未満の世界最小の超未熟児、順調に成育 - 米国

2007年2月20日 10:34 発信地:米国

このニュースをシェア

身長10インチ未満の世界最小の超未熟児、順調に成育 - 米国
1/3
写真は、バプティスト小児病院でのアミリアちゃんの様子(撮影日不明)。(c)AFP/BAPTIST CHILDRENS HOSPITAL
【マイアミ/米国 20日 AFP】マイアミ(Miami)の病院で、21週6日の早産で生まれた世界最少の超未熟児が、新生児集中治療室で順調に成育、誕生から4か月後、20日に退院する運びとなった。

 この超未熟児はアミリア・テイラー(Amillia Taylor)ちゃん。マイアミのバプティスト小児病院によると、母親のソーニャ・テイラー(Sonja Taylor)さんへの早産防止処置が失敗。急きょ帝王切開に切り替えられ、アミリアちゃんは2006年10月24日に産まれた。誕生時には、体重280グラム、身長はボールペンよりやや長い9.5インチ(約24センチメートル)しかなかったという。

 誕生直後のアミリアちゃんは、人工呼吸器の力を借りなくとも自発呼吸があり、産声をあげようとする動きも数回みられたという。

 母親のソーニャさんは「この子がこんなに良く育ってくれるとは、出産直後には思いもしなかったけど、今では普通の赤ちゃんらしくなってきた」と喜びを語った。

 アイオワ大学(University of Iowa)によると、23週以下の超未熟児の生存例はなく、アミリアちゃんは世界最少記録になるという。

 しかしソーニャさんは、現在、1800グラムのアミリアちゃんも、「十分に、ふくよかな赤ちゃん」と嬉しげだ。

 同病院の新生児担当医師、ウィリアム・スモーリング(William Smalling)さんによると、誕生時、頭部裂傷があったアミリアちゃんだが、傷はすぐに治り、今では両親の世話のもと、自宅で暮らせるまでに順調に成育したという。

 スモーリング医師にとって、アミリアちゃんは正に「奇跡のベビー」だ。

 アミリアちゃんの治療について、同医師は「地図のない航海」のようだったと語る。「こんなに小さな新生児の『正常』な血圧値なんて、誰も知らないんだからね」

 また、米国小児科学会(American Association of Pediatrics)が、一般的に23週以下で400グラム未満の新生児には生存能力がないとの見解を発表していることについて、スモーリング医師は
「アミリアの例を考慮して、未熟児の生存能力基準を再度見直す必要がある」との考えを示した。

 「時を経て、医療技術はアミリアのような超未熟児を救えるほどに目覚ましい発展を遂げた。10年前には生存不可能だった未熟児も、今なら我々の手で救うことができる」

 写真は、バプティスト小児病院でのアミリアちゃんの様子(撮影日不明)。(c)AFP/BAPTIST CHILDRENS HOSPITAL
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>